チュートリアル

まず始めに、新規にシーンを立ち上げ、Bipedを作成します。

ボーンのサイズの設定などを行う必要はありません。

次に、モーションタブから「モーションキャプチャ」→「モーションキャプチャファイルをロード」を選択します。

ファイルの種類を「Biovision ファイル (*.BVH)」に変更し、ファイルをロードします。

次の「モーションキャプチャー変換パラメータ」ダイアログでは、ファイルに対しフィルターをかけることなどができます。

フィルターは後でもかけることができるので、ここではデフォルト設定のままOKをクリックしましょう。

ロードが完了した時点では、アニメーションは付くものの、ボーンが変形してしまいます。

このままでは利用できないので、モーションタブから「Biped」→「ファイルを保存」を選択し、Bipedファイルで保存します。

「名前を付けて保存」ダイアログは、基本的にデフォルト設定のままでかまいません。

ここで、新規のシーンを開きます。

そこで、新しく作成したBiped、もしくはすでにシーンに組み込まれているBipedを選択し、BVHファイルをロードしたときと同様にBipedファイルをロードします。

その際、必要に応じてフィルターをかけて、後々モーションを編集する時になるべく楽になるようにしましょう。

1. MotionBuilder を起動します。File→Import を選択します。

2. Import Files ウインドウで、インポートしたいファイルを選択します。
注意)日本語環境の場合、フォルダ名、ファイル名に半角英数字以外の文字が使用されているとファイルを読み込めません。

3. Import Options ウインドウが開きます。以下の画像を参考にチェックを入れてください。

4. 正常にファイルがインポートされると、Viewerウインドウにマーカが表示されます。

5. c3dファイルのインポートの手順は以上です。